温石薬石整体とは
内容

ポットで温めた石(玄武岩)を 服を着たまま温泉気分♪
「ストーンセラピー」が気持ち良いのは、
なんとも言えないあたたかさがあるから……

体に数個の温かい「天然石」をのせるだけで、
ゆったりと“温泉”につかっている心地よさ!

さらに「ストーンマッサージ」で体中のツボを刺激し、
コリをほぐし、全身の血液やリンパ液の流れを良くします。

今、コっているところが楽になるのはもちろん、
全身の機能が整えられていくのが身にしみて分るはず。

マッサージが終わるころには、まさに夢心地です。

肩コリ、腰痛、冷え、ストレスはもちろんのこと、
つらい人ほど気持ち良さを超えた感動があります。 

腰・足裏にのせて
体に数個のせるだけで、ゆったりと 温泉”につかっている心地よさ… 温めた石を使って… 「ストーンマッサージ」で体中のツボを刺激し
フェイス・デコルテ・ヘッドマッサージですっきりクリアに・・・ 更にストレッチも・・・ 体が温まったら指圧・マッサージ 今、コっているところが楽になるのはもちろん、 全身の機能が整えられていくのを感じられるはずです。
効果
コリを解消します!

コリは肩だけではなく、頭、首、背中、腰、臀部、足、などにもあります。1ヶ所のコリの存在でも周辺の血流を妨げ、疲労物質を溜めるなどしますから、やがて全身に影響を与えます。それらのコリに温かい石を押し当てることで患部を温め、血流を良くしながらほぐしていきます。

頭痛・頭重・目の疲れ・むち打ち・五十肩・頑固な肩こり・シビレ・腰痛・ぎっくり腰・各種神経痛(坐骨等)・膝痛・足痛・冷え症・むくみ・目眩・耳鳴り等に効果があります。

全身のバランスを整えます!

東洋医学の太極療法では身体の不調の原因に必ず五臓六腑の不調を上げています。
単に局所的なアプローチをするだけでなく、全身にある五臓六腑を整える重要なツボ(背中に多くあります)を温め刺激することで身体の不調を癒します。五臓六腑が元気にすることで全身のバランスを整えます。

頭痛・頭重・目の疲れ・むち打ち・五十肩・頑固な肩こり・シビレ・腰痛・ぎっくり腰・各種神経痛(坐骨等)・膝痛・足痛・冷え症・むくみ・目眩・耳鳴り等に効果があります。

ストレス性疾患予防にも効果的!

ストレス性疾患(うつ病・自律神経失調症他)は昔からあったものの、昔の人は我慢したり恥じと思い隠す傾向だったようです。現代でも心療内科やカウンセリング等で、自分の精神状況を公言できる場が整えられてきた一方で、疲れやストレスを溜め込んでしまい通院されるケースも増加しているのも事実です。その中には(男性も含め)更年期障害からくるウツ、ストレスからの冷えもあるようです。また現代人は身体を冷やす為、低体温の方が増えています。そうなると免疫低下も懸念されます。そこで!温かい石で全身を温め、血流を良くし、疲れ・ストレスの緩和に最適な温石薬石整体ストーンセラピーは、現代人にマッチしたリラクゼーションではないでしょうか!ぜひ温めた石からの遠赤外線効果とマッサージで、疲れ・ストレスをリセットしてみませんか。

どんなことでもご相談下さい!

当院のストーンセラピーは、日本の奈良時代から行なわれている温石療法に近い施術を行なっております。古くからの養生としてしたしまれていた温石は、痛みをとったり、お灸の代用としても使われていました。温と圧を同時に行なう独特な療法ですので是非この機会にお試し下さい。また、症状についてはどんなことでもご相談下さい。

〜現役医師による〈ストーンセラピー〉の有効性について〜『あったかい』
  あったまる、あったかい、という言葉を聴くと、気分がほっとします。
  あったかい、ということは、人にとってとても重要なことなのです。

温かいとき、体を硬くすることなく生活できます。
寒くなると、体の中の熱を外に逃がしたくない為に、体を硬くして、体の表面の血液の循環を少なくします。また、体を緊張させることで、筋肉が収縮し、熱産生が行われます。そのような働きで、熱を体内に蓄積し、体の機能を安定させようとしています。
人間の体には、体温調節機能が備わっており、体温を一定に保つ為主に3つの働きがあります。
 
1. 末梢血管における血液循環量の調整(血管の拡張、収縮によって、循環調節をする)
2. 筋肉の収縮運動による熱産生
3. 脂肪蓄積による保温効果
 この3つの働きで、人間の体温は一定に保たれます。

外気温が下がる→ (1) 血管収縮によって、体表面の血流を悪くして、体温を外に逃がさないようにする + (2) 筋肉の収縮によって、熱を産生し、また、筋収縮によって血流が悪くなることで、放熱を防ぐ。+ (3) 脂肪組織による保温効果(脂肪組織は血液循環が悪い)

血液の循環を悪くするように体が反応するので、末梢の循環不良を起こします。つまり、血の巡りが悪くなり、冷え性になるのです。また、筋肉が不必要に緊張し、筋肉への血液循環も筋収縮によって悪くなるので、筋肉内にエネルギー産生による老廃物がたまってきます。主に乳酸という物で、これが肩こり、頭痛、腰痛の原因になります。つまり、冷え性や、肩こりなどのつらい症状を取るためには、血液循環を良くして、筋肉を弛緩させる必要があります。もっとも有効で持続性があるのが、「あたたまる」ことです。

温まることで、収縮した血管を拡張させて、血液を流れやすくします。血液が流れるようになると、筋肉内にたまった老廃物が排出されやすくなり、乳酸によって引き起こされていた筋肉の硬直が解消されやすくなります。温まって、血の巡りが良くなった状態でマッサージを受ければ、さらに筋肉を外力によって動かすことで血流が良くなります。また、老廃物が流れた後に筋肉を機械的にほぐしていけば、反動で悪化することもなくほぐすことが出来ます。

温まるだけでは、コリの解消に時間がかかります。また、マッサージだけでは、反動で余計に悪化することがあります。
だから、温めながらマッサージをする、ホットストーンセラピーが有効なのです。
ホットストーンセラピーでは、温かい石で体を温めて血流を良くし、筋肉の過緊張状態をほぐします。その後、指圧、マッサージで温まって緩んできた筋肉をさらにほぐして、緊張緩和します。さらに、使用している石の遠赤外線効果で温かさが持続し、筋肉の緊張を抑えることが出来ます。ですから、筋肉の柔らかい状態が持続するのです。

さらに、「あたたかい」ということは、人に安心感をもたらします。気分もほぐれるので、心の緊張も緩和します。
心の緊張が緩和すると、筋肉の緊張も軽減します。「ほっとすること」「安心感」は、
すべての緊張を緩和することになります。

内科医 田中 めぐみ
http://sinsinnokenkou.blog.so-net.ne.jp/

STONE
ブラックシリカ〜痛み取りの石〜
当サロンが使っているブラックシリカ(黒鉛珪石)は北海道上ノ国町で唯一産出する天然鉱石です。数億年の間海底の珪藻類が堆積して指標に隆起したもので、多種の天然ミネラルを多く含んでいます。

ブラックシリカの特徴

●育成光線(遠赤外線の一種)を常温で放出
育成光線とは遠赤外線(4〜1000ミクロン)の中の4〜14ミクロンの波長帯を指し、この波長は人体や動植物の水分子を活性化し、細胞を活発にする作用があります。
ブラックシリカは温めていない常温(39.9℃以下)で、強力な遠赤外線(98%)を放射しています。

●マイナスイオン
「癒し」効果で知られているマイナスイオンを約25,000個/cc放出しており、トルマリンと同等以上の高い値となっています。

玄武岩
「玄武岩」はマグマが地表で固まってできた火山岩です。組織の密度が高いため熱が冷めにくく、身体のツボにおくことで身体の深部まで温まるため、ストーンヒーリングに用いるのにふさわしい石とされています。温められた玄武岩は遠赤外線効果により身体の深部まで温めてくれるので、血液や体液の流れを活発にし、代謝を高める効果もあります。また、玄武岩の持つ適度な重量感が、身体に滞っている「気」の流れを整え、深いリラクゼーションを体感することができます。